この記事は約 3 分で読めます

回転率判定が電ブレの一押し機能

電脳ブレイントラスター(電ブレ)には

回転率判定という機能があります。

ASINを登録すると自動で振り分けられる

回転率判定について解説していきます。

 

 

 

電脳ブレイントラスター(電ブレ)は初心者さんにこそ

使ってほしいツールですと言い続けています。

 

 

店舗でも電脳でもそうですがリサーチした商品がAmazonで売れているのかどうか?

その判断をモノレートを見てギザギザを確認して判断すると思います。

慣れてるせどらーさんだとその作業もスムーズに行えるでしょうが

初心者さんはそもそもモノレートの読み解き方を学ばないといけません。

 

最終的に仕入れの判断をするにはもちろんAmazonでの他の出品者を見たり

それこそモノレートを確認して仕入れをするわけですが

最後の判断をするべき商品なのか?わざわざモノレートを見にいく対象なのか?

この判断って曖昧ですよね?

 

 

いやいやリサーチした物すべてAmazonやモノレートを確認しに行くよって

超めんどくさいでしょ!

 

 

電ブレではそれが一目瞭然です!

ASINを登録するとAmazonでの売れ行きが自動で判定され

その目印が付けられます

 

それが「回転率判定」なのです。

 

回転率判定とは?

 

【準A~準E 少 削除 未取得】に分類されます。

 

 

ASINを登録後に自動でAmazonの情報を取得してきます。

ラベルをクリックすると下に回転率が表示され

各項目をクリックすると振り分けられた商品が表示されます。

 

各項目の判定基準は?

 

【準A】・・・1か月で5個以上売れる可能性がある商品

【準B】・・・1か月で3個以上売れる可能性がある商品

【準C】・・・1か月で1個以上売れる可能性がある商品

【準D】・・・1か月半で1個以上売れる可能性がある商品

【準E】・・・2か月で1個以上売れる可能性がある商品

【削除】・・・削除を推奨する商品

【未取得】・・・販売データが取れていない商品(フィードをクリック)

 

という風に割り振られます。

 

ここで注目してほしいのが【削除】になります。

 

Amazonで売れていない商品なので電ブレからは削除対象

削除対象という事は店舗で仮に見つけてもモノレートすら

見に行かなくていい商品ということです。

 

店舗ならモノレートを見にいきますよね?

電脳ならモノレートを見にいきますよね?

※有料ツールであれば手間は軽減されますが

 

電ブレではAmazonの売れ行きによってこの【削除】を

自動で回転率判定として振り分けてくれます

 

ASINを登録するだけで自動でリサーチしてくれます!

 

例えばASINを登録して【削除】と【準C】~【準E】を電ブレ上から消して

空いたフィードに新たにASINを登録

これを繰り返すことでフィードには【準A】と【準B】だけが残ります

 

1か月で3個以上売れる可能性がある商品だけが残るという事です

あとはこの商品がヤフオクであるかをリサーチしていけばOKという事です。

 

 

これが初心者さんにこそ電ブレを使ってもらいたい理由になります。

電ブレの回転率判定についての解説は以上です。